無料FP相談を10社経験した筆者のイチオシはこちら

【国内No.1テーマ】SWELLを実際に使用しての正直レビューと導入・設定方法

当サイトのコンテンツには広告を含む場合があります。
SWELLを実際に使用したレビューと導入・設定方法の画像
ブログ初心者

ブログにも少し慣れてきたし、時短したくなってきた!
有料テーマが気になっているんだけど、使うならどれがいいんだろう?

まる

有料テーマならSWELL一択です🙆
稼ぐまでの時間とデザインにかかる時間を一気に削減できますよ✨

私自身、SWELLに変えてブログ人生が大きく変わりました。

ちょっとSWELLを語り出すと息の荒い営業マンみたいになってしまうんですが、今回はSWELLの魅力を存分に語っていきたいと思います!

  • ブログで稼ぎたい
  • カスタマイズが簡単なテーマがいい
  • 記事を書く時間を短くしたい

そんな人は脳死で購入してOK。
全ブロガーに自信を持ってオススメしたいテーマです✨

moshimomoshimo

\ 国内シェアNo.1テーマ /

moshimo
タップできる目次

WordPressテーマ「SWELL」の特徴とは?

SWELLの概要

出典:SWELL公式サイトmoshimo

「SWELL」moshimo(スウェル)とは、WordPressの有料テーマです。

リリースされたのは2019年3月で、有料テーマの中では比較的新しいテーマですね✨

テーマ名SWELL
開発者了さん( @ddryo_loos
価格¥17,600円(税込)
ライセンス100%GPL(複数サイトで使用OK)
公式サイトhttps://swell-theme.com/moshimo

ちなみに開発者の了さんは、「SEO SIMPLE PACK」や「Useful Blocks」、「ポチップ」など、多くの有名プラグイン開発にも携わっています!

WordPressテーマ人気ランキングで第1位を獲得

moshimo
出典:マニュオン

” target=”_blank”>SWELLmoshimoは今、日本で一番使用されているテーマだってご存知ですか?

大手メディア「マニュオン」さんが2023年1月にWordPressテーマの人気シェアランキングを調査したところ、

無料テーマ「Cocoon」を抜いてSWELLが1位を獲得したそうです。

まる

普通に考えて、無料テーマを有料テーマが抜くってすごくないですか…?

さらに、国内最大手ASPサイト「A8.net」が主催した「A8メディアオブザイヤー」(2022年度版)においては、

受賞者の約6割がSWELL利用者だったのこと…!

A8メディアオブザイヤー2022 受賞サイトのワードプレステーマ
SWELL(62%)
31サイト
Cocoon(12%)
6サイト
JIN(12%)
6サイト
SANGO(10%)
5サイト
AFFINGER(4%)
2サイト
STORK19(2%)
1サイト
Bloom(2%)
1サイト
独自テーマ(2%)
1サイト

上記のグラフを見たらわかるとおり…とんでもない使用率です💦

しかもSWELLって有料テーマの中だと値段高い方なんですよね。

テーマ名料金(税込)公式サイトURL
17,600円公式サイトmoshimo
moshimo14,800円公式サイト
14,800円公式サイト
14,800円公式サイト
11,000円公式サイト

それでも1位ということは、SWELLはお金をかけてでも使いたい人が多いテーマだということがわかりますね。

こちらの方も企画で募集したらSWELLが1位だったとのこと…!しかも4割がSWELLだったとは驚きですね💡

1度購入すれば複数サイトに使用OK

SWELLmoshimo1度購入してしまえば、他のサイトでも好きなだけ使用してOKという「100%GPL」形式を採用しています。

有料テーマの多くは「スプリットライセンス」という形式で、「1度の購入で1サイトのみ」など使用用途に制限があるものも多いんですよね。

そういった意味では1度購入してしまえば使い放題のSWELLはコスパのいいテーマとも言えます🌸

SWELLの機能一覧

SWELLの主な機能についてまとめました。

多すぎて一部しかご紹介できなかったので、全部見たい方は公式サイトのリンクを貼っておくのでそちらからどうぞ!

>> SWELL公式サイトで機能を見てみるmoshimo

タップで詳しい機能が見れます

文字装飾

サンプル サンプル サンプル

moshimo

>> 公式サイトで他の装飾機能を見てみるmoshimo

ブロック装飾

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

サンプル

>> 公式サイトで他のブロック装飾機能を見てみるmoshimo

リスト装飾
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
  • サンプル
    • サンプル
    • サンプル
    • サンプル
  1. サンプル
  2. サンプル
  3. サンプル

>> 公式サイトで他のリスト装飾機能を見てみるmoshimo

ボタン装飾
ふきだし機能
moshimoデフォルト

サンプル

心の声

サンプル

右向き

サンプル

枠線あり

サンプル

丸枠なし、縦並び

サンプル

SWELLで使えるその他の装飾

機能がありすぎてかなり文字が小さいので、公式サイトで確認してみてください😂

WordPressテーマ「SWELL」のデメリット

ここからはSWELLのメリットとデメリットについて詳しく解説していきます!

まずはデメリットから。

moshimo
SWELLのデメリット
  • 価格が高い
  • デザイン沼にハマりすぎて時間泥棒になる
  • 今後値上げの可能性がある

価格が高い

大前提として、ブログ始めた頃って当然収益もないじゃないですか、、、それなのに17,600円も出すのはかなり勇気がいりますよね。

まる

私もそうだったので気持ちは痛いほど分かります。賭けに近いというか、、、

でも、、SWELLって実は他のテーマより「割安」なんです

どういうことか?というと、他のテーマでは別途有料になる機能がSWELLには標準で備わっているんです。

例えばアフィリエイトの収益増加を見込める「広告タグ」や「ABテスト」などは、他のテーマだと全部別途3,980円~4,800円がかかってしまいます。

有料テーマの機能比較

スクロールできます
SWELLAFFINGERSANGOJIN
ABテスト標準搭載別途有料標準搭載なし
広告タグ標準搭載標準搭載なしなし
広告クリック率標準搭載標準搭載なしなし
ボタンクリック率標準搭載なしなしなし
ランキング標準搭載標準搭載別途有料標準搭載

そう思えば、アフィリエイトに必要な機能が全て標準装備されているSWELLはむしろ「お得」でもありますよね。

私自身、「広告タグ」にはかなりお世話になっています。こういうやつです↓

あとは他の有料テーマだと、移行するときに全ての記事を修正しなきゃいけないこともあってかなり大変でした💦

SWELLは他テーマから移行しやすいように専用のプラグインが標準で搭載されているので、移行の手間も一切ありません。

なので、実は「高い」ように見えて一番「お得」なテーマなんです。

>> SWELL公式サイトmoshimo

ちなみに、どうしても値段のせいで踏み切れないという場合はA8.netの「セルフバック」を利用して資金を確保するのがおすすめ。

クレジットカードやネット銀行の開設で数千円~数万円のキャッシュバックがあります。

無料でできるものだけでも5万くらいならサクッと稼げるので、資金面で悩んでいる人はそちらも試してみてください♪

>> A8.netのセルフバックで資金を確保する moshimo

デザイン沼にハマりすぎて時間泥棒になる

これはデメリットと捉えていいのか分かりませんが笑

SWELLはできることが多すぎます。

私みたいに「HTML?CSSってなんですか??」レベルの初心者でも、

簡単におしゃれなブログが作れちゃうのでずーっとデザインいじっちゃうんですよね💦

ちなみにこのブログももちろんSWELLです!
他にも収益用のブログを運営していて、そっちでは「まるさんのブログ好きです」って言っていただけることも増えました。

まる

初心者はまず記事を書くべきっていうのは分かってるんだけど、ついついいじっちゃうんですよね。

今後値上げの可能性がある

実は、SWELLは徐々に値上げされています。

年月日料金
2019年3月〜16,200円(税込価格)
2019年10月〜16,500円(税込価格)
2020年2月〜17,600円(税込価格)←現在

というのも、頻繁なアップデートで機能がどんどん追加されているからでしょう。

2020年以降は値上げされていませんでしたが、開発者の了さんが2022年8月に値上げを示唆されていたため、近々値上げされる可能性も出てきました。

今が一番安いので、購入するならなるべく早い方がオススメです。

>> SWELL公式サイトmoshimo

WordPressテーマ「SWELL」のメリット

moshimo

メリットは挙げるとキリがないんですが、約半年間使ってみて良かったな~~~と思うところを厳選して紹介しますね!

SWELLのメリット
  • 記事執筆にかかる時間が圧倒的に減る
  • サイト型デザインなど、おしゃれなデザインも簡単に作れる
  • 表示速度が爆速(1位)で、Google検索上位表示も早い
  • 常に開発が続いており、機能追加が頻繁に行われている
  • 移行サポート機能がある(SWELLだけ)

ブログ初心者でも記事執筆にかかる時間が圧倒的に減る

私が色々なテーマを使ってきた中でSWELLがダントツに良かったなと思うのが、ブロックエディターの使いやすさです。

たった1クリックで装飾がサクサクできて、効率的にブログを執筆できます。

>> SWELLの機能・装飾一覧

他にも、複数の記事で使い回すコンテンツを事前に登録して使いたいときにすぐ呼び出せる「ブログパーツ」機能や、アフィリエイトのリンクをまとめて管理してくれる「広告タグ」なども便利すぎて明らかに時短になっています。

SWELLの機能については公式サイトが一番詳しく解説しているのでぜひ一度自分の今のテーマと比較してみてください。

>> SWELL公式サイトmoshimo

サイト型デザインなど、おしゃれなデザインも簡単に作れる

SWELLはHTMLやCSSの知識が全くなくても、超おしゃれなトップページが簡単に作れます。

サイト型とはこんな感じ。めちゃくちゃプロっぽくないですか?

moshimo

POINT OF VIEW:鰥夫さん

CreaScien:株式会社クリエイサイエンさん

私は以前Cocoonを使っていたんですが、いざデザインをおしゃれにしようとするとかなり専門の知識が必要になるんですよね。

もちろん知識がある人ならCocoonでもおしゃれなブログを作れると思いますが、素人には至難の業。
しかも一歩間違えればデザインがすべて消えてしまう、、そうなってはもうお手上げです。

その点、SWELLならポチポチクリックするだけで超おしゃれなデザインが簡単に作れます。

デザインに割く時間も圧倒的に短縮できるので、その分記事の執筆に集中できますよ!

>> SWELL公式サイトmoshimo

表示速度が爆速(1位)で、Google検索上位表示も早い

ブログで稼ごうと思うなら、ブログの読み込みスピードはかなり大切です。

2021年7月からGoogleの検索順位アルゴリズム要因に「ページ表示速度」も加わり、SEO面でも重視されるようになりました。

そしてSWELLはなんと「WordPressテーマの表示速度ランキング」で2023年1月に1位を獲得しています。

まる

私もCocoonからSWELLに変えたら爆速になりました。体感で分かるくらい違います。

SWELLは高速化のプロである「スキルシェア」さんと顧問契約していることもあり、表示スピードに関しては右に出るテーマはないでしょう。

もちろん最新のSEOにも対応しています。

例えば構造化データが簡単に設定できるのもSWELLならではです。

構造化データとは簡単に言うと「ブログ情報を検索エンジンに伝えるための専用コード」なんですが、この構造化データはGoogleも推奨しています。

Google検索で見たことがある方も多いと思いますが、以下のようなリッチスニペットも表示されやすくなってクリック率も高くなるというメリットが。

出典:ディーエムソリューションズ株式会社

サイトスピード、SEO対策、どちらもブログで稼ぐ上では欠かせない要素なので、両方とも充実しているのは嬉しいですよね。

>> SWELL公式サイト

常に開発が続いており、機能追加が頻繁に行われている

SWELLは現在も開発が続けられており、常にアップデートされています。

最近だと、2022年12月に内部リンクの新機能が追加されました。

>> SWELL – ver. 2.7.2 アップデート情報moshimo

ただでさえ初期の時点で使いやすかったのに、日々の研究でもっともっと使いやすくなってきています。

名前は出しませんが、更新もパッタリ止まってしまった有料テーマもあったので、それに比べると日々進化し続けるSWELLは本当に素晴らしいなと思います。

移行サポート機能がある(SWELLだけ)

SWELLには他のテーマから移行がしやすいようにサポートプラグインが用意されています。

テーマを移行するとデザインが一気に変わるので

それに伴い手動で細かい変更をしていく必要があったんですが、

SWELLはそういう手間も一切ありません。

移行で修正にかかる時間も大幅に短縮できるので、すぐに記事執筆に取りかかれます。

moshimoまる

Cocoonから他の有料テーマに変えたとき、すでに10記事ほど投稿していたので全部を修正しなくちゃいけなくなってかなり大変でした。。
SWELLはプラグインで簡単に移行できるので、デザイン崩れがなくて本当に助かりましたね。

SWELLはこんな人にオススメ

ここまでSWELLのメリットとデメリットを体験談を交えながらお話してきましたが、SWELLはこんな方にオススメです。

SWELLがオススメな人
  • 簡単におしゃれでかわいい(カッコイイ)ブログを作りたい
  • 時短できるところは時短して効率よく作業したい
  • SEOに強いテーマを使いたい
  • テーマ選びで後悔したくない
  • 楽しんでブログを続けていきたい
まる

これ当てはまらない人いるのかな?😨

私が勝手にライバルだと思っているブロガーさんも皆さんSWELLです。

有名ブロガーのサンツォさんやマクリンさんもSWELLを愛用されています。

ブログで稼ぎたいならSWELL一択です。

>> SWELL公式サイトmoshimo

国内No.1シェアの「SWELL」をインストールする方法5STEP

SWELLの導入はめちゃくちゃ簡単です。

STEP
SWELLを購入
STEP
テーマを2つダウンロード
STEP
SWELLをWordPressにインストール
STEP
SWELLの「子テーマ」を有効化

分かりやすく解説していきますね!

STEP
SWELLを購入する

まずはSWELL公式サイトmoshimoへアクセスし、「購入する」ボタン(もしくは中央の「DOWNLOAD」ボタン)をクリックします。

>> SWELL公式サイトへmoshimo
moshimo

ダウンロードページに移ったら、「利用規約に同意します。」にチェックを入れ、「SWELLを購入する」をクリック。

購入画面に移るので、クレジットカードの情報を入力して「支払う」をクリック。

これで購入完了です!

STEP
テーマをダウンロード

SWELLを購入したら、次にテーマを2つダウンロードします。

SWELL公式サイト右上の「フォーラム」をクリック。

「SWELLERS’」というページに移動するので、右上の「ログイン」をクリック。

マイページの画面になったら、「SWELL本体最新版」と「子テーマ」のZIPファイルをそれぞれダウンロードします。

これでダウンロード完了です!ZIPファイルは解凍する必要はありません。そのまま使用します。

STEP
WordPressにインストール

次にWordPressを開き、「外観」タブから「テーマ」を選択しクリックします。

「新規追加」→「テーマをアップロード」をクリックし、さきほどダウンロードした「SWELL本体最新版」のZIPファイルをアップロードします。

「今すぐインストール」をクリックし、「テーマのインストールが完了しました。」と表示されたら親テーマのインストールは完了です。

子テーマも同様に「新規追加」からインストールしてください!

STEP
子テーマを有効化

親テーマ、子テーマの両方がインストールできたら、「子テーマ」の方を有効化します。

外観→テーマ→SWELL CHILDの「有効化」をクリック。

下記のように有効:SWELL CHILDとなればOKです。

親テーマを有効化してしまうと、アップデートの際に内容が消えてしまう可能性があります。必ず子テーマを有効化するようにしましょう。

まとめ

SWELLはブログ初心者にこそ本当にオススメの有料テーマです。

まる

私自身、SWELLに変えてから「読みやすい」「デザインが好き」と言ってもらえることも増えましたし、
1ヶ月目で収益発生できたのも、今月6桁キープできているのも、SWELLのおかげだと思っています。

SWELLは今後値上げも示唆されているため、迷っているなら今のうちに購入しておくのが吉。

早めに導入して、ライバルよりも先に収益化してしまいましょう!

\ 国内シェアNo.1テーマ /

この記事を書いた人

家計をどうにかしたくて産後2ヶ月からブログを始めたママです。
自宅保育しながら月50万継続中。現在はブログを3つ運営しています。
宅地建物取引士・日商簿記2級・3級ファイナンシャルプランニング技能士など22の資格を所持。
夫の力に頼らなくても家計を潤す方法を発信中。

タップできる目次